切ない20代の頃の恋愛体験

現在は30代半ばで結婚していますが、今思えば20代の頃はちょっと切ない恋愛ばかりしていたと思います。

10代の学生の頃から長年付き合った彼と別れたのが20代半ばで、その頃丁度病気を発症した事もあって精神的にも身体的にも辛い時期でした。そんな時に全身に電気が走った様に恋に落ちたのです。その好きになった彼は職場の男性社員でした。

その当時、クレジットカードの料金の督促のオペレーターをしていたのですが、理不尽なクレーム対応にかなり困ってしまっていましたが、そんな時にピンチを助けてくれたのが彼だったのです。私には手に負えなかったのに、彼がいとも簡単に対応してくれてすんなりと処理してくれて、寧ろ逆に無理な要求をするクレーム客に厳しく窘めてくれました。

そんな頼もしい彼に対して余計に好きになりました。それまでは意識した事も無かったのに、本当に恋は突然だったのです。ですが、残念ながら彼は地方に転勤になってしまって、どうしても諦められず、転勤した後に思い切って電話で告白をして見事付き合う事になりました。

いきなりの遠距離恋愛で、どうしても寂しさに勝てなくなってしまいました。あんなに好きになったのに、思う様に会えず自然消滅しました。その後にも、同じ職場の男性の事が気になりました。

指輪もしていなくて、彼女が居るかどうか分からずでしたが、彼も私に対して好感を抱いていた様子でした。ですが、彼はまさかの既婚者で子供も3人目が産まれる直前だった事を知り、裏切られた気持ちでしばらくショックでした。

以上切ない20代の恋愛体験談でした。