理想の恋人と付き合うことの嬉しさと悲しさ

私は過去に5年間、理想通りの男性と交際していた時期がありました。
私の一目惚れから始まった恋だったので恋人同士になれた時はもう夢のような話で毎日が幸せで仕方ありませんでした。
顔もスタイルも性格も全てが完璧な彼は私の自慢でした。
片思い中は遠くから見るだけで精一杯だったのに交際してからは常に隣に彼がいて、彼の視界に私だけが映っている現実が堪らなく嬉しく感じる日々でした。
しかし、嬉しいことばかりではありません。
私の理想の男性は他の女性にとっても理想通りだったりするのです。
誰に対しても優しい彼の性格に腹が立つことも多くなりました。そんな彼の性格は女性を引き寄せてしまうので常に不安な気持ちに襲われていました。
嫉妬を感情のまま、彼にぶつけてしまうと彼に嫌われてしまいそうだったので辛くても我慢する日々が増えました。
嫌われたくないという一心で自分の感情を殺し、作り笑顔をすることがとても辛く、悲しくなりました。
あの時にちゃんと自分の気持ちを素直にぶつけていれば、また結果は変わったのかもしれません。
理想の相手が恋人だと振られることが怖くなる気持ちが大きく膨らむのです。
5年間、そんな淡くて虚しい感情に交互に襲われ、結果的に彼に振られることになりました。
原因は「私の考えていることが解らない」とのことです。確かに彼に気を使う余り、感情を出したことがなかったかもしれません。
別れる時は悲しかったですが、やっと解放されるという安心感も生まれていました。
そのからは理想の相手とは付き合わないようにしました。
楽しく、長く交際をするなら愛されている方が楽だと気がついたからです。
ちょっと位、ランクを下げても楽に付き合っていく方がプラスになると感じました。
恋愛をすることは嬉しいことが多い方がモチベーションも上がります。辛いばかりの恋愛はもう懲り懲りです。